京都吉兆 名古屋
ミッドランド スクエア41階にある 京都吉兆に行ってきました!
誕生日が重なったのでその旨を伝えましたら・・・本当にすばらしい器で おもてなししていただきました。お料理が出てくるときのサプライズも美しくて

なんだかんだと言われても さすが吉兆!!見事です。
ミシュランガイドで「京都吉兆嵐山本店」に三つ星でしたね。


a0090202_22414669.jpg
41階からの夜景はとても綺麗でした。
a0090202_2242084.jpg
先付けの胡麻豆腐 貝柱 海老  飾られた水引のあわじ結び(鮑結びとも言うようです)が美しく 末永くお付き合いくださいませの意匠が伝わります。
a0090202_22422668.jpg
椀の朱と鶴の絵柄がお祝いの気分を高めてくれます。 鱧 しめじ 大根  
a0090202_22423953.jpg
お造りのこの器も特別な鶴でした。 白身と伊勢海老
お誕生日のお祝いに 吉兆さんからお赤飯をいただきました。松の飾り盆にのっているのは かわいい鯛の器でその中にお赤飯が入っていました。
a0090202_22425538.jpg
大きなお盆の上に秋の里庭のイメージで美しく盛られた小鉢の色どり  この八寸は楽しいです。
a0090202_22431782.jpg
焼物はこんな風情で運ばれてきます。ススキや柿の葉が秋を語ります。  何の葉か忘れましたが 大きな葉を開けるとマナガツオ 銀杏
a0090202_22433058.jpg
蓋物は里芋の道明寺揚げ  ご飯はこの小さなお釜で炊きあげて下さるので、お焦げもちょっとあって美味しかったです。
茸ご飯 お味噌汁 お漬け物 
a0090202_22434746.jpg
デザートは栗のアイスクリームとグレープフルーツ、メロンのゼリー寄せ
締めにいただいたお茶碗に書かれている 「雪富正月屋」は吉兆さんの最初の屋号の正月屋でそのお店を開店したその日に雪が降っていたという逸話にもとずいた ラッキーフレーズだそうですよ。

a0090202_22444574.jpg
今年の秋もそろそろ終わりのこの日でしたので 焼き松茸をお願いしてみました。
炭火の上の網の上に松茸をのせたら 濡れた和紙でスッポリ覆うと・・・いい香りが漂いました。秋の風情満喫です。

忘れないうちに内容をと思って・・書いているうちに もう冬の気配です。
[PR]
by syumoku | 2009-11-16 22:55 | おいしい
<< クリスマスプレゼント 芸術の秋 さとりちゃんモデルに挑戦 >>